no-image

blogを作ってみた。(作り中)

なにを書くかは決めてない

D.F.Mac.です。Twitterしかやってなかったので、LINEやFacebookをバリバリやってる人からすると、SNSとの距離が遠い部類の人ですが、そのTwitterもあまりやらなくなってます。

SoundCloudで遊んでたのは5年前。もうずいぶん放置したままです。

Qiitaに技術記事を書くのも、CHIRIMEN for Raspi3 やった時にまとめてチュートリアル書いたのが最後で、その後書けてない。

ここ数年は電子工作に夢中で、いろいろ作ったけど、今年になって一気に熱が冷めたのか、最近は自宅の工作室にも行かなくなってます。

なんとなく、充電期間?ということにしたい状態でもあり、Webの勉強と工作や実験をまた始めるモチベーション付けの意味もあってblogでも始めてみようかと。という気分になりました。

いつまで続くか?はわからないけど、スタートしてみます。

WordPressの使い方も忘れてるというか、もともとちゃんとできるようになってたかすら怪しいので、勉強しながらボチボチと。

とりあえずやったこと

  • レンタルサーバが用意してるWordPressインストール機能を使ってWordPressをインストール
  • WordPressに最初から入ってた記事「hello world」を書き換えて、この記事を書く
  • テーマ「Godios」を適用
  • プラグイン「JP Markdown」をインストール(これは設定画面から入れられた)   
  • プラグイン「Crayon Syntax Highlighter」をインストール(サイトからダウンロードして適用)    

まだデフォルトのページとか残ったままなので、少しづつ直さなきゃ。

ひっかかったところ。

1. Markdownが貼り付けできない!?

Markdownの「コピペ」では、うまくスタイルが反映されない!困った。。
と思ったけど、「ビジュアル」の方に貼るとダメみたい。
「テキスト」の方にコピペすればOKでした。

2. ブログ記事のトップのサムネイルに出てくる本文(の最初の方だけ見えるやつ)が更新されない。

キャッシュとかの問題じゃなくて、本文を更新しても最初に書いたリビジョンの本文からコピーしたあとに更新反映されないみたいで困った。

どうやら、これは「抜粋」という機能のようで、デフォルトでは投稿編集画面上から隠されており、この状態だと自動的に最初に書いた本文の前半を自動的に抜粋してくれるけど、その編集画面が見えないために、こんなことになるようだ。

下のキャプチャのように投稿編集画面から「抜粋」の編集が行えるように設定を変える必要がある。

これで「抜粋」を好きな紹介文に変えることができるようになった。

3. ソースコードの ‘<‘ が’&lt;’になる

markdownのソースコードブロック中の「<」とかが「&lt;」のようにエスケープ表示されてしまいます。これは、シンタックスハイライトに使っている「Crayon Syntax Highlighter」との相性で発生するようです。

下記サイトに対応方法が書いてありました!

Alters Tech Blog : WordPressでMarkdownで記録し、シンタックスハイライトを適用する

有益な情報公開に感謝!です。